導入事例:株式会社ネクストビート様

株式会社ネクストビート 経営管理グループ シニアマネージャー 福島 大介様
社内で1人1人のメールアドレス宛に添付で送信する作業時間と手間に加え、

添付誤りなどのリスクも非常に大きいなと感じていた

-サービス導入前の問題や課題をお聞かせください-

<福島氏>

社労士事務所に給与計算を委託していまして、毎月社労士事務所側で1人1人個別にPDF化してもらった給与明細書のファイルを、メールでまとめて送ってもらっていました。
更にそこから、社内で1人1人のメールアドレス宛に添付で送信していたんです。
社内の1人1人に送信する作業時間と手間に加え、添付誤りなどのリスクも非常に大きいなと感じていました。

慎重にならざるを得ない作業でしたので、個人ごとにチェックのうえ送信が完了するだけでも、毎月3~4時間はかかっていました。
幸いにして違う人の明細書を誤って送信してしまうようなことはなかったものの、一部の社員への送信漏れが発生するという問題がありました。

最終的に配信型ではなく、

ログインして給与明細書が確認できる御社サービスで進めることにしました

-どのようにして「フォーカス給与明細クラウド」をお知りになりましたか?-

<福島氏>

株式会社ネクストビート様 画像1

インターネット検索でだいたい30分くらいかけていろんなキーワードで検索をし、10~20くらいのサービスの候補の中から、総合的に良さそうだなというところに資料請求しました。

そこからさらに2・3社に絞って、トライアルを行い、比較検討しました。
その中にはメールで給与明細書を自動で配信するサービスもありましたが、最終的に配信型ではなくログインして給与明細書が確認できる御社サービスで進めることにしました。

従業員数の増加や会社の成長に伴って、担当業務が変更になることも

充分考えられるため、この業務が属人化しないかどうかも重要視しました

-当サービスを選択した理由や決め手はどうでしたか?-

<福島氏>

トライアルしてみて、操作が簡単だったこと、処理が速かったたこと、安かったことですね(笑)。
その他、もし今後担当者が変わったとしても、同じように作業ができるかどうかとか。
従業員数の増加や会社の成長に伴って、担当業務が変更になることも充分考えられるため、この業務が属人化しないかどうかも重要視しました。

一つの画面で過去分も含めすぐに確認ができるようになり、

再発行に関する問い合わせ対応を減らすことができたのが一番大きかった

-サービス導入後の効果はいかがですか?-

<福島氏>

株式会社ネクストビート様 画像2

以前メールで毎月の給与明細書を添付していたときは、月ごとの給与明細書のファイルが「○月分」という形で分かれていたわけです。
社員が過去の給与明細書を確認したいときは、メールで検索するか、PDFファイルをどこかフォルダ内に整理している人はよいですが、そうじゃない人は結局確認したい給与明細書が見つからないと担当者宛に問い合わせが入ってしまう。
「○月分の給与明細書を再発行してくれませんか?」
といった感じで…。
うちの部署にはその他にも様々な問い合わせが来るので、減らすことのできる問い合わせは極力減らしていきたいと思っていました。

これが今では一つの画面で過去分も含めすぐに確認ができるようになり、再発行に関する問い合わせ対応を減らすことができたのが一番大きかったですね。

更に工数が大幅に減った点も大きいです。
数分で毎月の処理が完了するようになりましたので。

いつでも過去の給与明細書も含めまとめて確認できる意味で、

以前よりも見やすくなったという声が多いですね

-皆さん問題なく利用されていますか?-

<福島氏>

はい、みなさん特に不満もなく利用しています。
弊社では元々いろいろな業務でWebのサービスを導入していますので、それほど抵抗感はないと思います。

むしろ、いつでも過去の給与明細書も含めまとめて確認できる意味で、以前よりも見やすくなったという声が多いですね。

最後に

株式会社ネクストビート様は、事業の拡大に伴い社員数も急激に増えており、福島様いわくベンチャー企業はやるべき業務が多い中、注力すべきではない業務で時間を取られるのは避けたい、という視点から給与明細書の電子化に踏み切られたそうです。
急遽の取材にもかかわらずご対応いただきました福島様。
この度はお忙しい中、ご協力ありがとうございました!

会社紹介

株式会社ネクストビート様 ロゴ
株式会社ネクストビート様 画像3

株式会社ネクストビート

http://www.nextbeat.co.jp/

<所在地>
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-18-9
五反田NTビル7階
(以下HPより)
企業理念:
人口減少社会において必要とされるインターネット事業を創造し、ニッポンを元気にする

サービス:
「求人メディア事業」
○保育士バンク!
http://www.hoikushibank.com/
日本最大級の求人案件数を誇る保育士・幼稚園教諭向け転職支援サイト
○保育士就活バンク!
https://www.hoikushi-syusyoku.com/
保育士・幼稚園教諭を目指している「学生さん向け」就職活動支援サイト
「プラットフォーム事業」
○KIDSNA(キズナ)
保育施設・保護者向け子育て支援、コミュニケーションサービス
○RECMO(リクモ)
YouTube動画を活用して保育園・幼稚園等のPRを行う業界初の採用システム
「採用コンサルティング事業」
○保育士採用・人事コンサルティング
○保育士向け就職・転職イベントの企画・運営
「WEBマーケティング事業」

Copyrightc 2013- D-MANAGE co.,ltd.All Rights Reserved.