支給/控除がない明細項目の名称を非表示にする機能

Pocket

最近よくいただくお問い合わせをご紹介いたします。

Q.支給や控除がない明細項目の名称を非表示にする機能はありませんか?

A.ございます。
明細出力項目設定の項目欄にはそれぞれにチェックボックスがついています。

↓フォーカス給与明細クラウド for 弥生
明細出力項目設定

↓フォーカス給与明細クラウド for 奉行 / フォーカス給与明細クラウド for all
明細出力項目設定奉行

このチェックボックスのチェックを外しておくと、その明細項目の値が0だった場合に、明細項目名、金額が共に非表示になります。 
※値が空欄だと機能しないため、必ず0という値が入力されていることが条件となります。

↓実際に「for 弥生」の領域を使用し、いくつかの項目のチェックを外して0の値を入力したデータをアップロードしました。
明細書
明細出力項目設定で設定している項目と比べ、基本給(日給)(時間給)や課税通勤費、社保料調整の項目などが、明細項目名称・金額ともに非表示となっているのがおわかりいただけますでしょうか。

雇用形態によっては使用しない項目があり、表示させたくないといった場合に是非ご活用ください!

ソリマチ給料王からのデータ出力について

Pocket

今回はソリマチ株式会社の「給料王」と「フォーカス給与明細クラウド for all」との連携方法についてご紹介いたします。

「給料王」からの書き出し方法と、「フォーカス給与明細クラウド for all」にアップロードする前の加工方法は次の手順となります。
※賞与の場合は「給与」を「賞与」に読み替えてください。

★方法1 (おススメ)
「給与集計表」からのデータ出力

1 給料王の「管理資料」→「給与集計表」
2 給与集計表集計条件画面で
  表示順:社員順を選択
集計期間:出力したい年月を選択(1 ヶ月分)
支給グループ:グループ設定を行って給与計算を行っている場合は、いずれか一つのグループを選択
(設定を行っていない場合は「指定なし」を選択)

  表示項目設定:「全項目を表示する」に必ずチェック
表示項目選択:「勤怠項目表示」と「支給/控除項目表示」に必ずチェック

以上で開始ボタン。

3 給与集計表(社員順)の画面が表示されたら、「テキスト」(F9 ボタンでもOK)ボタンをクリック
4 テキスト出力の画面で、
出力形式:「可変長」を選択
区切り文字:「カンマ」を選択
項目の引用符:「”」を選択
出力項目:「全項目」を選択
時間の区切り文字:「:(コロン)」を選択

以上で、出力先を「ファイル」の選択のまま、参照ボタンを使い任意の場所を指定したうえでエクスポート。

5 エクスポートした.txt ファイルを一旦メモ帳で開き、1行目の「”集計期間:・・・」の1 行分を削除。
6 最終行にある「”<総計>”」行も同じく削除。
7 最後の空白行の一番左端にカーソルをいれ、カーソルが上下移動する場合は、空白の行が1行分存在することとなり、
アップロード時にエラーとなってしまいます。
その場合は「Delete キー」を使い、カーソルが上下移動しないようにしてください。

その後、加工後の.txt ファイルを、フォーカス給与明細クラウドの「明細項目データアップロード(給与)」
または「給与データアップロード」で参照し、アップロードを実行してください。

★方法2
「給与データ入力(台帳形式)」「給与データ入力(一覧形式)」からのデータ出力

1 給料王の「給与」→「給与データ入力(台帳形式)」または「給与データ入力(一覧形式)」
2 給与データ入力画面で
  出力したい給与処理月を選択。
支給グループ:グループ設定を行って給与計算を行っている場合は、いずれか一つのグループを選択
(設定を行っていない場合は「指定なし」を選択)
3 「テキスト」(F9 ボタンでもOK)ボタンをクリック
4 テキスト出力の画面で、
  出力形式:「可変長」を選択
区切り文字:「カンマ」を選択
項目の引用符:「”」を選択
出力項目:「全項目」を選択
時間の区切り文字:「:(コロン)」を選択

以上で、出力先を「ファイル」の選択のまま、参照ボタンを使い任意の場所を指定したうえでエクスポート。

5 エクスポートした.txt ファイルをメモ帳で開き、1行目の「”給与年月・・・」の1 行分を削除。

その後、加工後の.txt ファイルを、フォーカス給与明細クラウドの「明細項目データアップロード(給与)」 または「給与データアップロード」で参照し、アップロードを実行してください。

「フォーカス給与明細クラウド」では過去月のアップロードをやり直すことが可能です。
過去の明細書を改めてアップロードし直すケースを考慮すると、出力月をいつでも指定できる「給与集計表」からのデータ出力(★方法1)のほうが、操作がラクですのでおススメです。

FAQ 従業員用ログインパスワードについて

Pocket

Q 明細書閲覧サイトのログインパスワードは担当者側で設定するの?

A 給与データをアップロードしていただくと、自動で名簿管理に従業員情報が反映され
初期パスワードが生成されます。

初期パスワードはランダムに生成された8桁の文字列となっており、ログイン後、設定変更ページにて変更ができます。
パスワード変更は6文字以上20文字以下英数字の組み合わせで自由に設定が可能です。

パスワード印刷について

パスワード通知書はPDFファイルにて印刷(ダウンロード)ができます。
パスワード通知書を印刷をする方法は、①[印刷]と③[全て印刷]の二通りあります。

①[印刷]のメリットは、ファイル名が「password_従業員コード 従業員名.pdf」となるので、ファイルを開かなくても誰の分かがわかる!というところです。
パスワード通知書をPDFでメールに添付して配布する場合はファイルを間違える心配がないのでオススメです。

③[全て印刷]は未発行のパスワード通知書を一括で印刷する機能です。メリットは一括印刷なので時間がかからないという点です。
こちらは「password_all.pdf」というファイル名で、全員のパスワード通知書が一つのファイルにまとめて印刷されます。一人一枚なので紙に印刷して配布する場合はこちらが便利です。

ご利用になる状況や、配布方法に合わせてどちらを利用するかお選びください。

また、印刷後はステータスが印刷済み(②)となり、同じパスワードは発行できなくなります。
万が一パスワードを紛失した場合は右側の編集から個人編集ページに入り、新たなパスワードの生成を行ってください。

FAQ:従業員用ログインサイトについて 

Pocket

「会社から聞いた明細書を閲覧するためのログインページのURLを入力しても
フォーカス給与明細クラウドのHPが出てきてしまい、明細書が見れない。」
こういった従業員の方からのお問い合わせをよくいただきます。

詳しく聞いてみると、ログインページのURLを検索したとのこと。
ここで重要なのが「検索をした」という点。実はこれが原因なのです。。。
URLは検索ボックスではなく、お使いのブラウザのURL入力欄に直接入力をしてください!

例:Googleグーグルの画面

例:Yahoo!JAPANヤフーの画面

ログインURLをYahoo!JAPANやGoogleの検索ボックスに入力し、検索をしても従業員用ログイン画面のページは出てきません。皆様がおっしゃられるとおり、検索結果の一番上にフォーカス給与明細クラウドのHPが表示されます。

HP上にログインページへのリンクはないの?とご質問いただくこともありますが、セキュリティ面等を考慮し、当HPには入り口は設けておりません。
また、同様の理由から検索でログインページが出てこないよう設定をしております。

ですので、必ず!URLは検索BOXではなく直接URL欄に入力してください。

ちなみに・・・

例外として、Google Chromeはどちらに入力してもOKです。グーグルクロームの画面

また、URL欄にアドレスを入力したにもかかわらず
「404とかかれた画面が表示されてログイン画面にならない」
といったお問い合わせもいただきます。
これはURLが間違っているというエラーメッセージです。URLをもう一度ご確認ください。

また、会社のご担当者様宛にお送りしております「従業員ログインガイド」には
読み込むだけで簡単にログインページにアクセスできるQRコードを記載しておりますので
携帯電話・スマートフォンで利用される方へは、是非こちらもご活用ください♪

FAQ:賞与データアップロードは別料金?

Pocket

6月も残すところあと2日。早いものでもう2016年が半分終了してしまいます。
大人になると時間の流れが早く感じるといいますが本当にその通りですね。。。

さて、来月7月といえば夏季賞与の支給がある会社も多いのではないでしょうか。
今回は賞与に関するよくあるお問い合わせをご紹介いたします。

Q 賞与データのアップロードをすると追加料金が発生する?

☆A 賞与データアップロードをしても追加料金は発生いたしません!☆

当サービスはログインできる人数でご利用料金プランを決定しているため、ひと月に複数回給与・賞与データアップロードを行ったからといって料金があがるといったことはありません。
例えば50人の給与明細と50人の賞与明細をアップロードした場合、人数カウントは100人ではなく50人となります。

賞与データも給与とまったく同じ手順で簡単にアップロードすることができますので
ぜひお試しください☆