支給/控除がない明細項目の名称を非表示にする機能

Pocket

最近よくいただくお問い合わせをご紹介いたします。

Q.支給や控除がない明細項目の名称を非表示にする機能はありませんか?

A.ございます。
明細出力項目設定の項目欄にはそれぞれにチェックボックスがついています。

↓フォーカス給与明細クラウド for 弥生
明細出力項目設定

↓フォーカス給与明細クラウド for 奉行 / フォーカス給与明細クラウド for all
明細出力項目設定奉行

このチェックボックスのチェックを外しておくと、その明細項目の値が0だった場合に、明細項目名、金額が共に非表示になります。 
※値が空欄だと機能しないため、必ず0という値が入力されていることが条件となります。

↓実際に「for 弥生」の領域を使用し、いくつかの項目のチェックを外して0の値を入力したデータをアップロードしました。
明細書
明細出力項目設定で設定している項目と比べ、基本給(日給)(時間給)や課税通勤費、社保料調整の項目などが、明細項目名称・金額ともに非表示となっているのがおわかりいただけますでしょうか。

雇用形態によっては使用しない項目があり、表示させたくないといった場合に是非ご活用ください!

夏期休業期間について

Pocket

下記期間を夏期休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

【 夏期休業期間: 2017年8月11日(金・祝)~2017年8月15日(火) 】

※上記期間中に頂戴しましたお問い合わせは、2017年8月16日(水)以降とさせていただきます。
※なお、上記期間中も「フォーカス給与明細クラウド」は通常とおりご利用いただけます。

7月28日(金)に「フォーカス給与明細クラウド」のご紹介セミナーを東京・渋谷で開催します

Pocket

当日は、午前中にオービックビジネスコンサルタントの「給与奉行」で給与計算を行っている方
午後に、弥生株式会社の「弥生給与」で給与計算を行っている方

へのそれぞれセミナーになります。

当日は初期設定の流れから毎月の運用方法まで、ご担当者様が一番気になるところを、
プロジェクタを用いながらご説明する実践的なセミナーです。

・クラウドサービス自体が漠然としたイメージなので、今一度整理しておきたい
・どんな仕様か?自社にあっているかどうか?確認したい
・他社と比較検討中なので、機能の違いを確認したい
・設定から本稼働までにどのくらいで進められる?
・簡単に運用できるかどうか確かめたい

一つでも該当するものがありましたら、ぜひご参加ください!

フォーカス給与明細クラウド for 奉行(給与奉行iシリーズ・Vシリーズ 対象)
7/28(金)10:30~11:45

フォーカス給与明細クラウド for 弥生 (弥生給与17 対象)
7/28(金)13:30~14:45 (追加枠⇒) 15:30~16:45

毎回多数のお申込をいただくセミナーです。お申込はお早目に!

詳細

お申込

給与明細書を電子化することへの従業員側のメリット

Pocket

前回は、給与明細書を電子化することによる担当者側のメリットを書きました。

今回は、受取る側である従業員側のメリットを書きたいと思います。

まず一番のメリットは、「紛失のリスクがなくなる」ということでしょう。

もらった直後は自分の目で確認する人が多いと思いますが、
後日、以前の給与明細書の内容を振り返りたいというときに、「あれっ!? どこかにいってしまった」
ということってよくある話です。

確認するには会社の担当者に理由を伝え、再発行の処理をしてもらわなければならない・・・。

これって従業員によってはとても面倒で、立場によってはとてもハードルが高い依頼だと思います。

特に入社して間もない新人だとなおさらです。

また担当者は本人に渡したはずなのに、従業員本人からはまだもらっていない・・・
といった行き違いのケースもよくあります。

こうした諸々の課題を一挙に解決してくれるのが、給与明細書の電子化です。

給与明細書を電子化することで、過去の給与明細書が自分のチェックしたいタイミングでいつでも確認できるので、
面倒な再発行の依頼も不要になります。

さらに、データで保存したい場合は、PDFファイルで保存しておくこともできます。

「フォーカス給与明細クラウド」なら、過去最大3年分の給与明細書がいつでも確認できます。

例えば、前の年と比較して今年のお給料はどうだったか、上がったのか下がったのか等、簡単に比較できます。
こうした点が、給与明細書を電子化することへの従業員側のメリットといえます。

「フォーカス給与明細クラウド」なら、この給与明細書の電子化をとても簡単にスタートできるようになっています。

とくに弥生給与や給与奉行をお使いの方は専用エディションをご用意していますので、
とても簡単にスタートをきることができます。

ぜひご興味ある方はトライしてみてはいかがでしょうか?

お試しID申込フォームはこちら
http://pay.focus-cloud.jp/entry/

資料請求はこちら
http://pay.focus-cloud.jp/presentation/

給与明細書を電子化することへの担当者側のメリット

Pocket

給与明細書を紙の配付から、電子化することへのメリットとして、一番大きいのは、

「担当者の業務負担が軽減すること」

です。

実際、明細書用紙のプリンターへのセッティング→人数分の出力→チェック→封入→配付もしくは振り分けての郵送 等々
担当者は多くの工程を処理しなければなりません。
またこれに付随して用紙のストック管理や、配付日までの保管など、目に見えない配慮も重要です。

さらにこれらの工程を、ほかの人にのぞき見されることなく、且つミスがないように進める必要があります。

これは担当者にとっては結構なプレッシャーでもあります。

その割に、これら一連の工程が水面下で行われるため、毎月の労力や負担に関しては社内で表面化しづらいことも事実です。

こうした諸々の課題を一挙に解決してくれるのが、給与明細書の電子化です。

「フォーカス給与明細クラウド」なら、この給与明細書の電子化をとても簡単にスタートできるようになっています。

とくに弥生給与や給与奉行をお使いの方は専用エディションをご用意していますので、
とても簡単にスタートをきることができます。

ぜひご興味ある方は一度トライしてみてはいかがでしょうか?

お試しID発行のお申し込みはコチラから
資料請求はコチラから

5月19日(金)弊社社員研修にともなう臨時休業のお知らせ

Pocket

誠に勝手ながら平成29年5月19日(金)は弊社社員研修のため臨時休業とさせていただきます。

当日に頂戴しました「フォーカス給与明細クラウド」に関するお問い合わせは、弊社翌営業日の22日(月)より順次対応となります。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

2017/5/5(金・祝) サーバーメンテナンスに伴う、「フォーカス給与明細クラウド」サービス一時停止のお知らせ

Pocket

サーバーメンテナンスに伴い、下記日時でサービスを一時停止させていただくことになりました。
ご利用中のお客様にはご不便、ご面倒をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

**************************************************
■メンテナンス日時

平成29年5月5日(金・祝) 14:00 - 22:00 <予定>

■メンテナンス中

アップロード・閲覧を含め、フォーカス給与明細クラウドへの
アクセスが不可となります。
**************************************************

「フォーカス給与明細クラウド for 弥生」と「やよいの給与明細オンライン」の違い

Pocket

弊社「フォーカス給与明細クラウド for 弥生」と、弥生株式会社が2017年1月よりサービスを開始しているクラウドアプリ「やよいの給与明細オンライン」との違いをご説明します。

この2つのサービスはいずれも複雑な設定なしで、すぐに利用を開始できるクラウドサービスです。
また「給与明細」という表現をサービス名に使用しています。

一見すると似たような機能をもつサービスに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は出来ることがぜんぜん違うのです。
簡潔にいうと以下のようになります。

「フォーカス給与明細クラウド」・・・給与明細書をインターネット上で閲覧できるサービス
「やよいの給与明細オンライン」・・・簡易的な給与計算ができるサービス

是非この機会をお見逃しなく!

●給与明細書の扱いが異なる

「フォーカス給与明細クラウド for 弥生」は「弥生給与」の給与データを出力し、出力したデータをクラウドサーバー上にアップロードすることで、自分の給与明細書がWインターネット上閲覧できるサービスです。
つまり、給与明細書の電子化が簡単に実現できるのです。
ただ、給与計算結果をアップロードする仕様なので、アップロード後に値を入力したり、結果を自動計算させるような機能はありません。

一方、「やよいの給与明細オンライン」は直接給与明細書に載せたい値を入力し、支給・控除・差引き支給額などが自動計算できるサービスです。
つまり、給与明細書の作成が簡単に実現できます。
ただ、作成した給与明細書を印刷して利用することが前提なので、給与明細書の電子化には対応していません。

●利用できる人数が異なる

「フォーカス給与明細クラウド for 弥生」は、アップロードできる人数に特に制限はありません。
一方、「やよいの給与明細オンライン」は、登録従業員数30名以下という制限があります。

まとめると
「フォーカス給与明細クラウド for 弥生」は、
主に数人~数千人規模の法人企業の方が対象で、弥生給与で計算した結果である給与明細書がPC・携帯電話・スマートフォンからいつでも閲覧できるクラウドサービス。

「やよいの給与明細オンライン」は、
従業員30名以下の法人企業の方を対象とした、簡易的な給与計算機能をもとに、給与明細書の作成・印刷ができるクラウドアプリ。
となります。

3/27・3/29【無料セミナー】「フォーカス給与明細クラウド」ご紹介セミナーを開催します!

Pocket

3月27日(月)と3月29日(水)に「フォーカス給与明細クラウド」のご紹介セミナーを東京・渋谷で開催いたします。

3月27日は、弥生株式会社の「弥生給与17」で給与計算を行っている方
3月29日は、ソリマチ株式会社の「給料王18」で給与計算を行っている方

とソフトによって日程を分けています。

当日は初期設定の流れから毎月の運用方法まで、ご担当者様が一番気になるところを、
プロジェクタを用いながらご説明します。

・クラウドサービス自体が漠然としたイメージなので、今一度整理しておきたい
・どんな仕様か?自社にあっているかどうか?確認したい
・他社と比較検討中なので、機能の違いを確認したい
・設定から本稼働までにどのくらいで進められる?
・簡単に運用できるかどうか確かめたい

一つでも該当するものがありましたら、ぜひご参加ください!

フォーカス給与明細クラウド for 弥生(弥生給与17 対象)
3/27(月)10:30~11:45 13:30~14:45

フォーカス給与明細クラウド for all (給料王18 対象)
3/29(水)10:30~11:45 13:30~14:45

毎回多数のお申込をいただくセミナーです。お申込はお早目に!

詳細

お申込

ソリマチ給料王からのデータ出力について

Pocket

今回はソリマチ株式会社の「給料王」と「フォーカス給与明細クラウド for all」との連携方法についてご紹介いたします。

「給料王」からの書き出し方法と、「フォーカス給与明細クラウド for all」にアップロードする前の加工方法は次の手順となります。
※賞与の場合は「給与」を「賞与」に読み替えてください。

★方法1 (おススメ)
「給与集計表」からのデータ出力

1 給料王の「管理資料」→「給与集計表」
2 給与集計表集計条件画面で
  表示順:社員順を選択
集計期間:出力したい年月を選択(1 ヶ月分)
支給グループ:グループ設定を行って給与計算を行っている場合は、いずれか一つのグループを選択
(設定を行っていない場合は「指定なし」を選択)

  表示項目設定:「全項目を表示する」に必ずチェック
表示項目選択:「勤怠項目表示」と「支給/控除項目表示」に必ずチェック

以上で開始ボタン。

3 給与集計表(社員順)の画面が表示されたら、「テキスト」(F9 ボタンでもOK)ボタンをクリック
4 テキスト出力の画面で、
出力形式:「可変長」を選択
区切り文字:「カンマ」を選択
項目の引用符:「”」を選択
出力項目:「全項目」を選択
時間の区切り文字:「:(コロン)」を選択

以上で、出力先を「ファイル」の選択のまま、参照ボタンを使い任意の場所を指定したうえでエクスポート。

5 エクスポートした.txt ファイルを一旦メモ帳で開き、1行目の「”集計期間:・・・」の1 行分を削除。
6 最終行にある「”<総計>”」行も同じく削除。
7 最後の空白行の一番左端にカーソルをいれ、カーソルが上下移動する場合は、空白の行が1行分存在することとなり、
アップロード時にエラーとなってしまいます。
その場合は「Delete キー」を使い、カーソルが上下移動しないようにしてください。

その後、加工後の.txt ファイルを、フォーカス給与明細クラウドの「明細項目データアップロード(給与)」
または「給与データアップロード」で参照し、アップロードを実行してください。

★方法2
「給与データ入力(台帳形式)」「給与データ入力(一覧形式)」からのデータ出力

1 給料王の「給与」→「給与データ入力(台帳形式)」または「給与データ入力(一覧形式)」
2 給与データ入力画面で
  出力したい給与処理月を選択。
支給グループ:グループ設定を行って給与計算を行っている場合は、いずれか一つのグループを選択
(設定を行っていない場合は「指定なし」を選択)
3 「テキスト」(F9 ボタンでもOK)ボタンをクリック
4 テキスト出力の画面で、
  出力形式:「可変長」を選択
区切り文字:「カンマ」を選択
項目の引用符:「”」を選択
出力項目:「全項目」を選択
時間の区切り文字:「:(コロン)」を選択

以上で、出力先を「ファイル」の選択のまま、参照ボタンを使い任意の場所を指定したうえでエクスポート。

5 エクスポートした.txt ファイルをメモ帳で開き、1行目の「”給与年月・・・」の1 行分を削除。

その後、加工後の.txt ファイルを、フォーカス給与明細クラウドの「明細項目データアップロード(給与)」 または「給与データアップロード」で参照し、アップロードを実行してください。

「フォーカス給与明細クラウド」では過去月のアップロードをやり直すことが可能です。
過去の明細書を改めてアップロードし直すケースを考慮すると、出力月をいつでも指定できる「給与集計表」からのデータ出力(★方法1)のほうが、操作がラクですのでおススメです。